消費電力の高いものからエコ家電に切り替えよう

結露のひどい我が家では除湿機を買うことを決意しました。どうせならエコ家電にしようと言われ使ってみた感想です。

我が家にやってきた初めてのエコ家電は除湿機

私のうちは池の上に建っていて大変湿気がこもりやすいのです。地盤を調査したところによるとここは埋め立て地で水分が地面を通り地表にまで上がってきて家全体を湿っぽくさせているそうです。どおりでうちの家はリビングの窓がいつも水びたしだと思った。特に冬場の結露がひどくまいにちなんとか結露君みたいなスポンジで水をふき取っていたのですが、ふき取ってもふき取ってもまた窓がびしょびしょになってしまいます。そこで父親は「除湿機買うか。」と決意したようです。

どうせ買うならエコ家電にしようよと家族全員満場一致で電気屋さんにいきました。正直除湿のためだけに高いお金を払うのは抵抗がありましたが最近の除湿機には消臭機能やマイナスイオンの出るものなど色々な追加機能が付いてるみたいですね。私の家族が買ったのはパナソニックの省エネ大賞受賞と書かれた商品でした。なんでも電気代が一か月で123円。消音機能搭載で夜中中つけていても音がきにならない。まあリビングに置くので夜中はどうでもいいのですが。しかし夜中つけておくとなるほど、朝のひどかった結露がほとんど消えました。確かに効果はあるようです。それだけではなくナノイー機能もあるらしく母ちゃんは「そういえば空気がきれいね。」といいます。まあ実際綺麗になったのかどうかは不明ですがなんとなく部屋全体がすっきりとした空気になったような気がします。

私の部屋にも置きたいと頼み込んでみると「まずはお父さんの部屋に置く。」と言われてしまいました。あいかわらず亭主関白な我が家です。私の部屋にも欲しいです。自分で買おうかなと考えています。

関連キーワード

Copyright (C)2019消費電力の高いものからエコ家電に切り替えよう.All rights reserved.